ブログトップ

辰爺さんの隠れ家

layback.exblog.jp

やっとインターネット環境が復活!ついでにブログタイトルもすっきりと変更しちゃいました。

東壁 [2009/04/05]

e0037777_2339613.jpg
↑男の背中シリーズ…美しい東壁にうっとりのMSRstyle氏

Dr.DONさん、ジャスボンさん、soraさん、MSRstyleさんと大山東壁振子沢方面を攻めてきました。
好天と好雪に恵まれ、前評判以上?のツアーでした。今日の条件ならば、何回行ってもいいかも…とっておきの斜面はまだいくつか有りそうです。



e0037777_23165598.jpg
8:00 まずは鳥越峠を目指してスタート…木谷の林間を抜けて正規登山道をつめる。

e0037777_2317746.jpg
10:00 鳥越峠の一段上の稜線に到着…地獄谷へ滑り込む準備。

e0037777_23171695.jpg
11:10 別の登山隊と親睦を深めつつ振子沢を登る…先日の雪の影響か?白い雪とデブリや落石のほとんどないグッドコンディション。

e0037777_23433058.jpg
11:40 迫力満点の東壁が目の前に現れた。

e0037777_23174757.jpg
13:00 象ヶ鼻を超えたところ…振子沢最上部までもう少し。

e0037777_2317584.jpg
13:00 5時間かけて振子沢のドロップポイントに到着…このスケールは、写真では伝えきれません。

e0037777_23181014.jpg
13:40 滑走準備完了…振子沢の滑走をイメージ

e0037777_23183966.jpg
13:40 ジャスボンさんがファーストドロップ…BCでこんなにでかいターンを見るのは初めてかも。

e0037777_23185185.jpg
13:42 Dr.DONさんが続いてドロップ…きれいな滑りで巨大な8の字を描きます。

e0037777_23241527.jpg
今日の振子沢は、この二人の貸切・・・こんなにすごいラインが描けるってすごいです。なかなかイメージ通りにはいかないものですが、二人の超ロングターンでおなかいっぱいになりました。(笑)

e0037777_2319766.jpg
13:55 さてさて、残りの3人はというと…前二人のラインに満たされたところで、振子沢の隣(南側)にある魅惑の沢(中腹で本沢と合流)に吸い込まれてしまいました。

e0037777_23192037.jpg
13:55 ドロップポイント…上からみるとこんな感じですが、沢が大き過ぎで全体を写せませんでした。

e0037777_23193353.jpg
14:05 下からみるとこんな感じ・・・かなり衝撃的です。通常なら、落石やデブリに悩まされるところですが、先日の雪の影響でほとんど気にならないグッドコンディション。

e0037777_23194446.jpg
14:07 本沢と振子沢の合流地点まで、きれいな雪で繋がっていて、いい雪いい斜面いい地形を楽しむことができました。

e0037777_2320046.jpg
15:00 鳥越峠の上り返し…今日のコンディションとメンバーならそんなに苦になりません(笑)

e0037777_23203384.jpg
16:12 キリン峠…最後の滑りを考えてキリンまで登る。東壁の景色を楽しんだあと、やぶを抜けて、木谷の林間に滑り込んだ。

e0037777_23204887.jpg
16:28 木谷の林間…駐車場まで一直線。さすがに最後のテクニカルコースは、疲れた足にはつらいです(笑)
こんな感じで駐車場には、5時前に到着。約9時間のツアーでした。
たぶん今までで最長のツアーだと思います。さすがにこのくらい遊ぶとヘロヘロで大満足です(笑)

e0037777_2321879.jpg
大山南壁…今シーズンもありがとう大山!皆さんシーズンお疲れ様でした。また来期も大山で会いましょう!

e0037777_23135117.jpg
↑今日のツアーのおかげで、この概念図を見れば、東壁がだいぶリアルにイメージできるようになりました。※鳥取県勤労者山岳連盟のウェブサイトからダウロードできます。
http://www.wcsnet.or.jp/~rei/toriken/index.htm
[PR]
by laybacker | 2009-04-05 23:11 | snowboarding