人気ブログランキング |
ブログトップ

辰爺さんの隠れ家

layback.exblog.jp

やっとインターネット環境が復活!ついでにブログタイトルもすっきりと変更しちゃいました。

Snowboard line up -GENTEMstick-

e0037777_0142764.jpg◆99/00 TTmodel 165 -test board-
テストボードだけにBOARD SPECはわからない・・・
たぶん市販モデルと変わりないと思いますが・・・。



 TTmodelとの出会いも衝撃的だった。あれは98/99シーズンのニセコパウダートリップでのこと。ヒラフの6Cリフト乗り場で何やら怪しげな軍団に遭遇、いっしょに行ってたG~さんと恐々近づいてみると、リペア跡のある使い込んだパタゴニアシェルにザックを背負った、いかにもやりそうな香りをプンプンさせたお方が、見たことのない尖がった柿色の板に乗っていた・・・。e0037777_0122943.jpgよくよく覗いてみると・・・gentemstick shaped by TT(そのときはbyTTしか読めなかった)と書いている、太朗さん?ではないよなぁなどと思いつつ、シークレット狙い?・・・と二人でその集団を尾行したんですよね(汗)結局軍団はあたし達の入れそうにない花園コース脇へ消えていったのでした。帰って早速largoの美人店員に尋ねてみたところ・・・それがTTmodel(先行発売?の柿TT)だったことを知ったのでした。

-TTmodel impression-
TTに乗らずしてgentemを語るべからず?ってそんなわけないけど、あたしの中では何か特別な存在。TTの乗り味についてはほんとに賛否両論ありますが、e0037777_22591455.jpgあたしの感想を一言でいうと、“手に負えないじゃじゃ馬ボード”。「このショートボードでほんとにアラスカ滑るの?」と言いたくなるほどフラフラと不安定な動きに対応できず、あたしの技量ではまだ上手く乗れない。それでもこのボードは「乗りやすい」とか「乗りにくい」なんていう次元の問題ではなく、乗り手なりに納得のいくまで乗り込んでスイートスポットをつかむ、言わば取れなかったホールドが段々取れるようになっていくクライミングと同じように、いつの間にか夢中になりハマってしまう不思議な板なのかなって思うんですよね。そしてTTの秘めた可能性の扉を開けたとき、それはヤバイラインとなって表現されるだろう・・・そんな日を夢見てます。

←photo:MSRstyle
今シーズンは新TTで納得の一本当てちゃいますよぉ~!
by laybacker | 2005-12-07 17:30 | equipment